2008年12月31日

暮れ

もう大晦日ですか。
早いですね。

年明けから久々に大作を描こうとおもっています。パネルを作っている間に年を越してしまいそうです。

先日雪国に行きました。
大好きなブリューゲルの絵のような景色が広がっていました。
日が暮れ始めると、オレンジジュースにミルクを混ぜた空を背景に、空気を含んで青味がかった山なみと逆光でほとんど色味を感じない手前の木々、そこにつく雪の花は夕焼けを受けて輝いていました。
丘の上の時計台の秒針のように、刻々と姿を変えたり、また戻ったりしながら日が暮れて行きました。


posted by azusa at 11:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夕暮れ時って悲しいな。
って呟いたのか。
Posted by げり野郎 at 2008年12月31日 14:40
さすがですね、きがつきましたか。

実際は悲しくもなく、ただ淡々と描写していましたが。
Posted by azusa at 2009年01月02日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。