2009年09月27日

久々の更新

ついに久々の更新というタイトルをつけてしまいました。

9月はとてもばたばたしていていました。

大きな作品を3枚同時進行で描いていたり、福岡の展示に行ったり、引越しの準備をしたり、、、
すべて自分のせいですね、、、

福岡の表現郷という同時多発的グループ展に参加していると前にブログで書きましたが、私も現地に行ってきました。

福岡の行橋近郊で行われていたのですが、展示会場はどこも素敵なギャラリーで、参加作家もとてもすばらしい方ばかりでした。行橋では今回の展示のように、若手の作家の作品をまとまってみる機会がなかなか無いとの事で、地元の美術愛好家の方やギャラリー、作家の方も驚いていたようです。
大学時代の同級生の楠根圭子さんがこの中心となっての企画だったのですが、以前から地元のギャラリーとの交流を密にしていて、いいギャラリーがたくさんあるから何かここでできないかとよく話しをしていました。今回の企画の発端は別のところからだったのですが、楠根さんの各ギャラリーとの長い交流なしには実現しなかった展示会なのだと感じました。それから、今回出品した作家さんは零のゼロという大分を中心とした若手作家による展示グループに関係する作家さんが多く、この零のゼロなしでも成功しえなかったことも同時に感じました。個展や、知り合い同士だけのグループ展ではなく、今回のように色々なところから寄り集まった展覧会の運営は想像を絶するくらいに大変だったと思いますが、そんなグループ展に参加できて私はとてもいい経験をしたと思いました。

年末に零のゼロの展示が大分であります。そこにも参加する予定ですので、決まり次第またお知らせいたします。

作家が作る組織というものに自分は今注目しています。


posted by azusa at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

偶然

2日前、電車で本を読んでいたら、目的の駅に着くと同時にその本を読み終わった。

なんだかいい気分だった。

今日、電車で本を読んでいたら、目的の駅に着くと同時に、その本を読み終わった。

すごい偶然だな。

私は計算が苦手だ。

でも偶然にはよく出会う。

計算と偶然が反比例しているかのような気さえする。


今日は台風だというのに、偶然、家に一本も傘が無かった。

でも偶然にも駅までは並木道だから、何とかそれほどぬれずにたどり着けた。

駅で傘を買おうと思ったが、これから電車に乗るのだからまだ必要ないと思い、買わなかった。

目的の駅に着くと、偶然、目的のバスが目の前にいたので、傘を買わずに乗った。

目的地は偶然バス停の目の前だったので、傘は要らなかった。

帰りもまた然り。

バスに乗り、電車に乗り、並木の下を通って帰った。

並木道では雨が直接当たらない分、葉っぱの上で雨粒と雨粒がくっついて少し大きめの雫となって落ちているのが見えたが、偶然それに当たらずに通ることができた。

こんな土砂降りの日に奇跡的に傘を持たずに出かけられたので、今日はとてもいい日になりました。

画像33.jpg


posted by azusa at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

アタマガワルイ。

最近気づいた。

自分は頭が悪いんだと。

これは困ったことだ。

どうすればいいか、友だちに聞いてみた。

人の話をよく聞く事。

心に響いた。

響きすぎて、少し困った。

画像36.jpg


posted by azusa at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

表現郷

ただいま「表現郷2009」というグループ展に参加中です!

期間 2009年8月17日〜9月19日
場所 福岡県行橋市近郊のギャラリー
    ・ギャラリー船越記念館
    ・Garelly YANYA 
    ・ギャラリーラヴー亭
    ・みどりの館
    ・行橋赤レンガ館
    ・cream
・Kate Music

たくさんのギャラリーでたくさんの作家さんの展示が、ほぼ同時開催なのでとても見ごたえのあるギャラリーめぐりができると思います。

詳しくは↓
http://maglog.jp/hyogenkyo-art/

posted by azusa at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

テラマチあります。

現在、大分県の竹田市で行われている「テラマチあります。」という企画に参加させていただいています。
歴史ある城下町の風情を残した町並みに様々なアートが展示されているということで、私もそんな素敵な空間を見てみたいのですが、なかなか遠くていけないのが残念です。
ちなみに私の作品は竹田創世館と清水湯カフェという場所に展示されたようです。どんな場所なんだろうなぁ。普通のギャラリーで見るのとはまた違った見え方をするのだろうと思うとわくわくします。
もし大分に知り合いがいるとか、大分に行く予定のある方がいましたら、是非見に行ってみてください!

9月に関連企画で北九州に行くので、そのときに大分にも行きたいなぁ。






アサヒアートフェスティバル2009参加プログラム&第11回大分県民芸術文化祭若者行事

歴史の道アートイノベーション実験
アートと歴史の出会うまち 「テラマチ」 あります。

主催:岡の里事業実行委員会    共催:大分県民芸術文化祭実行委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社   助成:アサヒビール芸術文化財団
後援:竹田市・竹田市教育委員会、竹田市観光ツーリズム協会、竹田町商店街連合会、大分合同新聞社、西日本新聞社、読売新聞西部本社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分

会期:2009年7月18日(土曜日)〜9月23日(祝日・水曜日)
※歴史を刻むプロジェクト(展覧会関連プログラム)は、11月3日(祝日・火曜日)まで
会場:城下町竹田・寺町界隈
posted by azusa at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

カイキニッショク

皆既日食みましたか?

天体にそれほど興味が無く、知ったのが前日の夜でした。

月が太陽と重なるだけじゃないかと思ったが、ラジオではその話しで持ちきりだった。昨日の衆議院解散なんて無かったかのように、大騒ぎで、鹿児島沖の島々に人が波のように押し寄せたとか・・・やれやれ

夜に定食屋のテレビで日食特番が流れていた。
映像で目の当たりにしておどろいた。

こ、これは・・・神秘的・・・

やれやれと思ったのが恥ずかしいくらいに、心打たれてしまった。
昔の人がこんなのを見たら、悪魔が来たとか、地球滅亡とか、考えるだろうな。恐ろしい・・・決して拍手して喜ぶような雰囲気ではないのだろう。


posted by azusa at 22:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

小梅ちゃん

小梅ちゃんの飴をしっているだろうか?
小粒の梅味の飴で、たまに当りの大粒が混ざっているやつ。

「こんなに近くにいるのに遠く感じるのはなぜ?」

と飴の袋にかいてあった。
何を勘違いしたのか、私は何かのなぞなぞだと思ってしまい、それなりにこの問いについて考えてしまった。
なぞなぞとは、正面から考えては答えにたどり着けないようにできているのが常なので、

「近くにあるのに遠く感じるものってな〜に?」

と頭の中で勝手に置き換えてみた。
あれこれと考えては打ち消しながら、結局

「すごく小さな家」

というかなりあいまいな答えにたどり着いた。
飴の袋の裏側に答えがあると思い込んでいたので、めくってみると、バーコード以外のものは何も無かった。
そこにきて初めてそれがなぞなぞではなく、乙女心のつぶやきを書いてあったのだということに気づき、ため息が出た。
乙女心に答えなんてあるはずが無いのだ。



posted by azusa at 21:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

いいことがあった日は落ち着かない。

素敵なアンティークを売っているお店に行きました。
以前に一度行ったことがあって、そのとき大きな古い蓄音機で音楽を流してくれたことを思い出し、また行きたくなったのです。
古いビルの5階の角部屋にあって、お店というよりはヨーロッパ昔の誰かの家にきたような雰囲気のある場所です。お店のご主人がとても気さくに話しかけてきてくれるので、居心地がよく、ゆっくりと見ることができました。
しかしやはりアンティーク。お値段が・・・
あれこれ見ては、ため息をつくのに見かねたのか、ご主人が机の引き出しを開けて、ここには店頭にはなかなか出しにくい、おもちゃや雑貨のアンティークが入っているからといって見せてくれました。ごちゃごちゃと雑多なものが入っていて、それを一つ一つ出してみていると「あぁ、そんなものも買ったなぁ。そういえば。」とご主人も懐かしそうに見ていました。サイコロ、ピンボール、トランプ、小さなラッパのおもちゃ、どんぐり・・・
その引き出しを見終わると、また別の引き出しを開けてくれて、また一つ一つ出し、見ていきました。
あっという間に机の上や、棚の上はおもちゃや雑貨でいっぱいになってしまい、高価なアンティークは隅っこに追いやられてしまいました。
私はその中からトランプとトランプゲームに使う道具、小さな馬の置物などを買い、これはお土産だといって、ドミノの一枚をいただきました。そのドミノはご主人も昔、絵に描いたことがあるという話しをきき、とても幸せな気持ちになりました。
かなり長い間お店にいたので、外に出たときには夕方の風が吹いていました。
帰り道は電車の中で読みかけの本も開かずに、今日出会ったものが頭の中で散らかってなくならにように、気をつけながら帰りました。
近いうちにきっと絵の中にも登場してくると思います。
posted by azusa at 23:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

久々の更新

久しぶりの更新になってしまいました。
夏(お盆明け)に展示が決まりそうです。
詳しい日程は後ほどになりますが、場所は福岡県です。
大分など九州で展示する機会がわりとありますが、私自身は特にゆかりがあるわけではありません。でも九州はとてもすてきなところです。
日本の首都は東京ですが、文化は各地にあり、各地に作家がいます。
今回もまた素敵な作家さんや鑑賞する方々、ギャラリーの方々に出会えるのを楽しみにしています。

現在5枚の絵を同時進行中です。
目が回ります・・・。



デッサン1.jpg

小瓶。手作りみたいです。
posted by azusa at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

気候がいいので

最近お天気のいい日も多いし、暑くてもじめじめしてなくていい気候ですね。
あまりにもすごしやすいので、自転車にのってみたくなりました。
はじめは近所をうろうろしようかとも思ったのですが、ふと遠出したくなり、千葉の稲毛の家から高円寺まで走っててしまいました。
約6時間かかりましたが(2回道に迷い、夕飯を食べた時間も込みで)、思っていたより近い気がしました。
思いつきのサイクリングでは、今まで東京の国立から築地までが最高記録だったのですが、ついに更新しました。
ちなみに思いつき散歩では国立から八王子までかな。
次は千葉から東京まで歩いてみようかな。
電車や車でいつも通っていた道を自転車や徒歩で通ると音やにおいに敏感になりますね。速い速度だと景色もシンボル的なものが目に入りやすいけれど、ゆっくり進むと退屈な景色が多いこと多いこと。でも退屈な景色ほど、物語やイメージが展開していく気がしました。
今の時期、どくだみの花がとてもきれいですね。
帰りにルネサンスとは何であったのか?という本を買いました。

posted by azusa at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。